■下水関連実験施設紹介

環境関連
下水関連
河川関連
道路関連
危機管理

実験施設TOP
[下水道水理実験施設]

下水道水理実験施設には、同形状で大きさの異なる3つのアクリル菅路模型が設置されています。これらを使用して、菅渠の形状や埋設した深さ、菅渠への流入水量などによって、菅渠からの空気の噴出量がどのように変化するかを調べています。

アクリル菅路模型写真

アクリル菅路模型


[水質水文共同実験棟]

水質水文共同実験棟には、下水処理プロセスを開発及び改良するための実験を行う装置のほか、下水中の細菌や原虫などを調べる実験室や、下水中の有害物質や有害元素を分析する各種化学分析装置が設置されています。

膜分離活性汚泥処理実験装置 オゾン処理実験装置
膜分離活性汚泥処理実験装置 オゾン処理実験装置
細菌実験室 酵母実験室
細菌実験室 酵母実験室
全有機ハロゲン分析装置 エストロジェン活性分析装置
全有機ハロゲン分析装置 エストロジェン活性分析装置
原子吸光分析装置 誘導結合プラズマ発光分析装置
原子吸光分析装置 誘導結合プラズマ発光分析装置
The National Institute for Land and Infrastructure Management
国土交通省 国土技術政策総合研究所
http://www.nilim.go.jp/