研究室紹介



 国内の空港については配置的には概成したとされていますが、一方で大都市圏における処理能力の拡大は依然として喫緊の課題です。また、これから大きな発展が予想されるアジア各国との交流、国際競争力の確保・強化にむけて空港の役割も大きいはずです。安全・安心や地球環境問題などの課題は空港にとっても同様です。空港研究部では整備・政策の基礎となる需要予測の精度向上や政策シミュレーション手法に関する研究、国際交通基盤のリスクマネジメントに関する研究を始め、空港の利活用策や空港施設の安全を確かなものとするための施設設計の合理化、維持管理技術の高度化の他、工事発注に当たっての積算基準の効率化などに関する研究を行っています。


空港新技術研究官 これからの空港を取り巻く環境を踏まえ、空港に関する先端的なハード・ソフトの新技術の研究
空港計画研究室 需要予測や政策シミュレーション、事業評価、その他空港の計画に関する研究
空港施設研究室 空港施設の設計、その他の技術上の基準に関する研究
空港施工システム室 空港工事の積算基準、施工基準や維持管理等に関する研究

部長 石原 弘一
空港新技術研究官 中島 由貴
政策分析官 波多野 匠



研究室紹介