研究室紹介



 衛生的な生活環境と美しい水環境を守り、都市の浸水被害を軽減するとと もに、地球環境保全、循環型社会形成を推進するため、下水施設の技術基準 と管理手法について研究しています。


下水道研究室 下水管路を適切に管理するためのストックマネジメント支援、下水道施設の地 震対策、都市の浸水被害軽減、低コスト手法を用いた下水道計画などの研究。
下水処理研究室 下水道における地球温暖化対策を中心に、下水道が有する資源・エネルギ ーやストックの有効活用、下水処理による健全な水循環の構築と水環境の保 全、水系水質リスク対策による衛生学的な安全性の向上などの研究。

部長井上 茂治
下水道研究官南山 瑞彦
下水道機能復旧研究官横田 敏宏

下水道研究部長・下水道研究官・下水道機能復旧研究官のHPはこちら

主な成果・貢献


主要施策 H27成果 H28予定
◆持続可能な下水道サービス(ストックマネジメント・未普及解消) ・ストックマネジメントガイドライン2015年版の公表
・「コストキャップ型下水道」のガイドラインの公表
・管路施設の調査優先度判定手法の公表
・B-DASH「道路陥没予兆検知技術」システム導入と計測
◆地震・津波対策 ・管路施設耐震対策の優先度判定のための指標の検討と定量化 ・管路施設耐震対策の優先度判定手法の公表
◆雨水対策
・B-DASH「ICTを活用した浸水対策技術」システム導入効果の検証、B-DASH「都市域レーダを用いた雨水管理技術」システム導入と計測
・ガイドライン策定(ICT活用)、システム導入効果の検証(都市域レーダ)
◆省エネ・創エネ化とコスト縮減(B-DASHプロジェクト) ・普及展開(バイオマス利活用システム他)
・ガイドライン策定(固形燃料化(1)、バイオマス発電(2)の3技術)
・普及展開(評価済技術)
・ガイドライン策定(水素創出(1)、省エネ型水処理(2)、ICT活用水処理(2)の5技術)
◆地球温暖化対策(水・汚泥処理から発生するN2Oの抑制) ・水処理プロセスからのN2O排出抑制手法の提案 ・N2O排出抑制手法の公表
◆水系水質リスク対策(衛生学的指標の見直し、再生水推進) ・処理水・再生水の衛生学的リスク制御技術の性能評価、ISO/TC282(水の再利用)国際規格の原案検討 ・処理水・再生水の衛生学的リスク制御技術の公表
・国際規格の公表


下水道関係調査研究年次報告書集
H23年度 H22年度 H21年度 H20年度 H19年度 H18年度 H17年度 H16年度 H15年度 H14年度
H13年度 H12年度



研究室紹介