平成18年度「国土技術政策総合研究所 講演会」



 平成18年度国土技術政策総合研究所講演会が、12月6日(水)に東京・イイノホールにおいて開催されました。講演会では、これからの公共投資や技術開発に関する動向、今後、住宅・社会資本が果たしていく役割と方向性に関する幅広い話題を提供しました。
 また、千葉大学大学院人文社会科学研究科教授の小林正弥氏をお招きして「公共哲学の実践的意義」、毎日新聞科学環境部記者の元村有希子氏をお招きして「理系が日本を変える」と題した特別講演を行いました。
 講演会には民間企業、地方公共団体、関係法人等から約630名の参加があり、大変な盛況を得ました。

 ・  講演集のデータ(PDF)
 ・  一般講演「公共工事の品質確保のための取り組みの方向について」の
   プレゼンテーション資料(PDF)

プログラム

 

10:0010:10

開会の挨拶

望月 常好
(所長)

特別講演 I

 

10:1011:10

「公共哲学の実践的意義

−コミュニタリアニズムを中心にして−」

小林 正弥

 

 

(千葉大学大学院人文社会科学研究科教授)

11:1011:25

* * * * 休 憩 * * * *

 

一般講演

 

11:2511:50

公共工事の品質確保のための取り組みの方向について
  ・プレゼンテーション資料(PDF)

西川 和廣
(研究総務官)

11:5013:00

* * * * 休 憩 * * * *

 

13:0013:25

道路環境影響評価の技術手法のマネジメント

福田 晴耕
(環境研究部長)

13:2513:50

下水道における地球環境対策

田中 修司
(下水道研究部長)

13:5014:15

沿岸域の再生に向けて

−自然再生の包括的計画・管理システムの構築―

垣 泰雄
(沿岸海洋研究部長)

14:1514:25

* * * * 休 憩 * * * *

 

14:2514:50

東アジアの航空ネットワークと我が国における国際空港の展望

加藤 久晶
(空港研究部長)

14:5015:15

建築省エネルギー技術の現状と課題

澤地 孝男
(建築新技術研究官)

15:1515:40

交通事故削減に向けた取り組み

佐藤  浩
(道路研究部長)

15:4015:50

* * * * 休 憩 * * * *

 

特別講演 II

 

15:5016:50

「理系が日本を変える」

元村有希子

 

 

(毎日新聞科学環境部)

16:5016:55

閉会の挨拶

山根 隆行
(副所長)

 国総研講演会、国土交通省、平成18年度、土木、建築、コンサルタント
平成18年度国総研講演会、土木技術、土木研究所、建築研究所、港湾空港技術研究所


 

国総研

国土交通省 国土技術政策総合研究所




All Rights Reserved, Copyright (C) 2001, National Institute for Land and Infrastructure Management