研究成果概要

国総研資料 第 1197 号


【資 料 名】 AISデータを用いた2019年台風15号時の東京湾内船舶の避泊実態に関する分析
【概   要】  近年記録的な強風を伴った台風が日本付近を通過する傾向にあり,特に2019年台風15号は東京湾を通過し多くの船舶が走錨したとの指摘がされている.今後強大化する可能性がある台風への対策のための参考資料を提供することを目的として,本研究ではAIS(船舶自動識別装置)データを用いて2019年台風15号通過時の東京湾における船舶の錨泊状況や挙動を分析した.
【担当研究室】 港湾計画研究室
【執 筆 者】 篠永 龍毅,安部 智久
 

全 文 12,223KB
 
表 紙
中 扉
目 次
本 文
奥 付