| English |

研究者情報(令和4年4月時点)

それぞれの調査・研究課題の詳細については、研究概要及びB-DASHプロジェクトのページをご覧下さい。

名前・役職 担当している主な調査・研究課題
重村 浩之 室長
(しげむら ひろゆき)
  • 総括
岩渕 光生 主任研究官
(いわぶち みつお)
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 事業総括
    • 中小規模処理場同士の広域化に資する低コスト汚泥減量化技術実証研究
    • ICTの活用による下水道施設広域監視制御システム実証研究
中村 憲明 研究官
(なかむら のりあき)
  • 下水処理場におけるエネルギー最適化に関する調査
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • AIを用いた分流式下水道の雨天時浸入水対策支援技術実証研究
M 俊平 研究官
(たかはま しゅんぺい)
  • 下水道を核とした資源循環システムの広域化・共同化に関する研究
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 高効率最初沈殿池による下水エネルギー回収技術実証事業
山田 裕史 研究官
(やまだ ひろふみ)
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 省エネ型深層曝気技術実証事業
石井 淑大 研究官
(いしい よしひろ)
  • 下水道から排出される温室効果ガス対策に関する調査
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • AIを活用した下水処理場運転操作の先進的支援技術実証研究
松橋 学 研究官
(まつはし まなぶ)
  • 下水処理水の衛生学的な安全性を考慮した技術基準及び管理手法に関する調査
  • 浸水被害発生後の速やかな下水処理機能の応急復旧手法の開発
  • 災害時における下水の排除・処理に関する考え方の改訂
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 過疎地域の人口減少時や災害時に移設可能な水処理技術実証研究
長嵜 真 研究員
(ながさき しん)
  • 基礎的研究
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 下水処理場の効率的維持管理の基盤となるクラウド3次元GISデータベース適用可能性に関する調査
安倉 直希 交流研究員
(あぐら なおき)
  • 広報担当
  • 下水道革新的技術実証事業(B-DASH)
    • 研究補助全般
中西 夏枝 非常勤職員
(なかにし なつえ)
  • 広報副担当
  • その他事務補助

[ このページの上部へ戻る ]