HOME(道路交通安全研究室トップページへ)

 

車両用防護柵の実車衝突実験施設

 

 

【実車衝突実験施設とは】

【施設の概要

【実験カット集】

【車両用防護柵の性能】

【過去の実験動画】

 

 

【実車衝突実験施設とは】

 

 

実車衝突実験施設は、車両用防護柵(ガードレール、ガードパイプ、ガードケーブル、コンクリート製壁型防護柵など)の開発・改良などを行うため、車両用防護柵に車両を衝突させるための施設です。衝突させる車両は、ウインチ装置の動力で無人で加速できます。

 

 

 

 

 

【施設の概要】

 

 

 

 

 

 

施設の諸元

最大牽引能力

大型車(最大25トン)

最大衝突速度:80km/h

大型車(最大20トン)

最大衝突速度:100km/h

小型車(最大 2トン)

最大衝突速度:140km/h

ウインチ装置

交流電動機(駆動モータ)

出力:750kW×2

 

 

 

 

【実験カット集】

 

 

@操作室(実験スタート)

 

 

A機械室(ウィンチ装置作動)

 

 

 

 

 

 

B実験車両スタート位置(牽引ロープにより牽引開始)

 

 

C加速路(所定の速度まで実験車両を加速)

 

 

 

 

 

 

D−1所定の衝突速度・角度で防護柵に衝突

(実験後に防護柵の性能を評価)

 

 

D−2

 

 

 

 

 

 

D−3

 

 

D−4

 

 

 

 

 

 

 

【車両用防護柵の性能】

 

 

車両用防護柵には、車両が柵を突破しないように押し止める機能、乗員と車両が受けるダメージを最小限に抑える機能、これら大きく二つの機能が求められます。そのため、大型車であっても通常は突破しないようにする必要があり、また小型車であっても通常は乗員と車両のダメージが少なくなるようにする必要があります。そのため、車両用防護柵の開発・改良には、大型車と小型車の2回の衝突実験を行います。

車両用防護柵の機能を評価するためには、次のT〜Wの性能を満たすことが求められます。

 

 

T.

車両の逸脱防止性能

 

 

U.

乗員の安全性能

 

 

V.

車両の誘導性能

 

 

W.

飛散防止性能

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【過去の実験動画】

 

 

※動画の閲覧はInternet Explorerをご使用ください。

Internet Explorer以外でご覧いただく場合は、動画をダウンロードしてご覧ください。

 

 

■平成27210日 生活道路用柵衝突実験

実験条件:

車両重量:8トン

衝突速度:40km/h

衝突角度:10

 

 

車両正面から

 

 

車両背面から

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロード

 

 

ダウンロード

 

 

上空から

 

 

車内から

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンロード

 

 

ダウンロード

 

 

HOME(道路交通安全研究室トップページへ)