研究室の紹介
 
 道路地震防災研究室では、地震防災計画の高度化や迅速かつ効率的な震後対応のための地震防災情報システムの研究開発等、地震防災のソフト面をとらえた研究開発、また土木構造物の耐震設計のための設計地震動、津波外力に関する研究開発に取り組んでいます。

道路地震防災研究室研究概要(PDF 537KB)




研究課題

  • 災害時の状況把握を迅速化する仕組みの提案

  • 道路橋被災状況把握システムの開発

  • 被害想定に基づく対策立案と防災事業評価

  • 強震観測網による地震動記録の収集・管理

  • 地震・津波外力の推定手法の開発


  • 出前講座

  • 災害対策検討支援(防災研修)


  • 委員会活動

    (公社)日本道路協会 道路震災対策委員会・・・道路震災対策便覧改訂

    (公社)日本道路協会 橋梁委員会耐震設計小委員会・・・道路橋示方書X耐震設計編改定(平成29年11月)