国土交通省 国土技術政策総合研究所 道路構造物研究部

橋梁研究室

Bridge and Structures Division

尾張橋

研究室のご紹介

 道路は、日々の安全で快適な国民生活や経済活動を支え、災害時には避難路や物資輸送路などの防災機能をも果たす基幹的交通施設です。

 橋梁研究室は、橋梁および道路附属物の計画・建設・維持管理の合理化・高度化に必要な調査研究と技術基準類の整備を行っています。また、橋梁および道路附属物が関係する災害・事故・損傷への対応や新技術の評価等の各種技術支援活動を行っています。

 このホームページでは当研究室の主な研究内容を紹介しています。

新着情報

2019.7
発表論文のリストに「道路橋定期点検データにもとづく劣化特性の分析」を追加しました
2019.6
道路橋等の設計、施工、維持管理にあたって参考となる知見のリストを更新しました
2019.4
研究者情報を更新しました
道路橋等の設計、施工、維持管理にあたって参考となる知見のリストを更新しました

           過去の新着情報はこちら

TOPICS

2014.09

群馬県メンテナンス協議会が開催した「道路橋の維持管理に関する講習会」の中で、出前講座として「橋を守る(道路橋の維持管理)」の講演を行いました。

2013.10

千葉県県土整備部と公益財団法人千葉県建設技術センターが開催した「道路ストック総点検技術講習会」の中で、出前講座として「橋を守る 〜道路橋の維持管理〜」の講演を行いました。

2013.04

淡路島付近の地震に緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)として派遣され、橋台にひびわれが発生した橋梁の健全性と補修方法等について技術指導を行いました。
技術指導

2011.05

東北地方太平洋沖地震に緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)として派遣され、被災状況の調査を行いました。

東北地方太平洋沖地震による橋梁の被災調査概要報告(PDFファイル:5.48MB)

調査日:平成23 年3 月12 日〜3 月18 日
被災状況調査

2008.11

首都高5号池袋線タンクローリー火災事故により損傷を受けた橋梁構造物の復旧検討に当たり、首都高速道路株式会社から感謝状をいただきました。
首都高速道路株式会社から感謝状をいただきました

2008.06

岩手・宮城内陸地震に緊急災害対策派遣隊(TEC-FORCE)として派遣され、被災状況の調査を行いました。
被災状況調査